0
    親父が死んで1年

    姉貴がたまには母親に電話してやってくれって

    緑色の電話マークをどうしてもタップ出来ずスマホを放り投げた

    どうせなら

    親父と話したいな

    自分の命を大事にしてるかどうかはわからないけど

    たったひとつの命をどう生きるかだ

    決して粗末に生きてはいないと

    そう自負している




    あと数分後に死んだって悔いはない

    それぐらい大事に自分の思った通りのままに生きてる

    TAGUCHI

    反比例

    0


      最近

      体調の悪さと

      飲酒量が反比例

      いや比例が正しいのか?

      呑むなー俺

      身近な人達は心配してくれるけど

      止まんねーもんなー

      気を失うまで呑まないと


      そんでちょっとだけ寝て仕事

      幸せっちゃー幸せ


      身近な人には申し訳ない


      TAGUCHI

      ありがとう調布

      0
        満身創痍で挑んだ調布

        皆の声が眠ってた俺を目覚めさせてくれたね

        汗と血と涙

        体液が呼応した

        RAT HOLEのような小屋でしか体感できないGIGだったと思う

        約束した第三幕のその日まで

        生きようか



        TAGUCHI

        迫る

        0


          今週末土曜日の調布

          初めて名古屋以外のGIGで愛器のテレキャスターを持ち込む

          あの馬鹿げた金属音を聴きに来てよ

          TAGUCHI

          無理

          0
            全部話せば長くなるし

            何処から話せばいいのかもわからない

            「無理しないほうがいいよ」

            「まだまだこの先のためにも」

            気遣ってくれる温かい気持ち

            泣けるほどありがたい

            でもね

            確約された未来も


            勿論、永遠なんて存在しない

            だからこそ



            無理出来る無理はぼんやりとした未来と引き換えにしてでも

            無理をする価値があるんだ

            SSありきで後付けして命名した


            STRONG STYLE

            今想うと

            "無理してでもやりきる姿"

            そんな意味が隠れてたのかも知れない

            今週末の調布


            年末の名古屋をそのまま演ってやる

            俺は絶対後悔しない

            みすみす見逃そうとしてるあんたは

            せいぜい後悔すればいい




            TAGUCHI

            0
              I need pain.

              Because the pain eases pain.

              Im so fine.

              もうじき夜が明ける

              明後日

              0


                ど平日の岡崎

                平日でも入るのがSAってか

                熱いのウンザリ?

                イヤイヤ

                とんでもなく冷たい眼差しで

                思いっきり熱くイクって

                甘ったれたパンクまがいの連中が集まるんでしょ?

                そんなもん俺ひとりで相手してやる

                って

                スタッフのウチオが言ってました


                TAGUCHI

                岐路

                0
                  岐路に立たされあいつは

                  人生のタラップ降りた

                  ドリーマー故の完全なる失意に




                  常につき纏う

                  中学生の頃からずっと



                  俺にとっての余生は

                  いつから始まったんだろう




                  TAGUCHI

                  日月

                  0










                    日曜午後から東京さ行って

                    月曜午前に名古屋へ戻り



                    長楽寺へ



                    夕方にヒロキから沖縄土産が届く



                    ヒロキいつもいつも忝い



                    初めて食べた海ぶどう

                    酒浸り明けの仕事は生き地獄

                    TAGUCHI

                    おとうと

                    0
                      事実上の家族や


                      血を分けた家族

                      その家族よりも家族っちゅーか

                      それ言うと家族に悪りーかな

                      でも

                      その存在は紛れもなくそれで

                      時には癒され

                      時には闘争心を煽られ

                      俺にとってはすべてがプラスに作用する

                      恥も後悔も罪悪感もすべてそうだ



                      TAGUCHI

                      | 1/130PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM