昨日

0
    連日灼熱の名古屋

    日が暮れても毎晩熱帯夜で中々寝付けない

    それでも断続的な浅い眠りの中

    昨夜、親父の夢を見た

    幼い俺の手を引き何処かへ向かう親父

    床屋かな

    俺はガキの頃から床屋が大嫌いだった

    よく店の前で大泣きして困らせたっけ

    現在も髪は自分で切ってる

    夢の中で幼い俺は親父の横顔を見上げてる

    数回の選択の誤ちはあったにせよ

    それでもその身がボロボロになるまで

    生業を貫いた人だった

    確執は否めない故、疎遠になり

    嫌いになろうとした

    棄てようとした

    それは祖国と同じような印象

    日本は腐ってるし好きにはなれない

    だけど嫌いにもなれなった

    昨日、灼熱の午後

    親父はようやく人生の定年退職をした

    親父お疲れ

    やっとさ、ややこしいチューブとか機械とか外れてよかったじゃん

    めえが橋の向こう側まで迎えに来てると思うから



    サヨナラ

    TAGUCHI


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM